コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木荘 くつきのしょう

百科事典マイペディアの解説

朽木荘【くつきのしょう】

近江国高島郡の荘園。現滋賀県高島市朽木周辺を荘域とした。京都から若狭(わかさ)国への街道の要衝に位置する。1001年平惟仲が京都白川(しらかわ)寺喜多(きた)院(寂楽寺)に寄進した荘園の一つであるが,前後の伝領は不明。
→関連項目久多荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の朽木荘の言及

【朽木[村]】より

…森林公園やスキー場の整備による活性化策も図られている。【松原 宏】
[歴史]
 山間地域であるが,京都から若狭国小浜に通じる街道に沿い,かつては交通・運輸の要衝で,中世には朽木荘といわれた。1001年(長保3)に中納言兼大宰帥平惟仲が朽木荘を白川寺喜多院に施入したとあるのが史料上の初見(《高野山文書》)。…

【朽木氏】より

…佐々木氏の一族。佐々木信綱が承久の乱の功によって近江国高島郡朽木荘の地頭職を与えられたのち,その曾孫義綱がここを領して朽木氏を称するようになった。また朽木氏をはじめとする佐々木一族は,いくつかの系統に分かれて高島郡内に割拠し,高島七党と呼ばれる武士団を形成した。…

※「朽木荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朽木荘の関連キーワード朽木稙綱(1)佐々木信綱朽木経氏承久の乱朽木陣屋朽木貞綱朽木元綱朽木貞高若狭国朽木氏在家地頭

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android