コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杆状体 かんじょうたいretinal rods

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杆状体
かんじょうたい
retinal rods

杆体ともいう。網膜の最外層で色素上皮のすぐ内側にある光を感受する細胞。杆状体細胞と杆状体線維とから成る。杆状体の外節にはロドプシン (視紅) という色素が多く含まれる。錐状体が色覚をもつのに対し,杆状体は明暗を感じるといわれる。杆状体は網膜周辺部では錐状体よりはるかに多いが,黄斑に近づくにつれ,その関係は逆になって次第に少くなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の杆状体の言及

【目∥眼】より

…(4)網膜 網膜は眼球壁の最も内側の膜で,眼底から,毛様体,虹彩の裏面の部分までを覆う。錐状体および杆(かん)状体という2種類の視細胞があり,光,色,形を感ずる(図5)。(5)視神経 視細胞からの視覚情報を脳へ伝える神経。…

※「杆状体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杆状体の関連キーワードパリノー‐フォンクリースの法則カゴアミカイメンレチナールウォルド脈絡膜光受容視細胞夜盲症視覚杆体

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android