杆体(読み)かんたい

百科事典マイペディア「杆体」の解説

杆体【かんたい】

杆状体とも。目の網膜にある杆体視細胞の一部で,形態的には外方に向かう小杆状の突出部,機能的には感光部位である。中にロドプシン(視紅)という色素を含み,光が当たるとその色があせ,光をさえぎると色が回復する。網膜外層に錐体と混在するが,ヒトでは杆体のほうがはるかに多い。網膜の中心窩(か)では錐体だけで杆体はない。両者の割合は動物によって異なり,夜行性のコウモリ,ネズミ,フクロウ,深海魚などではほとんど全部が杆体である。杆体は薄明視に関与し,錐体は昼間視と色覚に関与するとされる。
→関連項目網膜夜盲症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の杆体の言及

【視覚】より

…外節は繊毛の変形したものである。脊椎動物の視細胞は,外節の形の違いにより錐体と杆体(かんたい)に分けられる。錐体は明るいときの視覚(昼間視)に関係し,杆体は薄暗いときの視覚(薄明視)に関係する。…

※「杆体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android