コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色覚 しきかく colour sense; colour sensation

6件 の用語解説(色覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色覚
しきかく
colour sense; colour sensation

色感覚 (いろかんかく) 。光の波長の相違によって起る視覚の質的差異をいう。光の強さ,照射時間,面積,網膜の部位,順応状態などにも依存する。正常人に色の感覚を与える波長は 400nmの紫から 760nmの赤までで,約 165の色相の相違を区別できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しき‐かく【色覚】

視覚の一。光の波長の違いを色彩として識別する感覚。色神。
[補説]色覚は、網膜にある錐体で光の刺激が電気信号に変換され、大脳視覚中枢に伝達されることによって起こる。ヒトの場合、長い波長の光(赤~黄~緑)に対して感度の高いL錐体、中くらいの波長(緑~青)に感度の高いM錐体、短い波長(青~紫)に感度の高いS錐体の3種類の錐体があり、それらの反応の割合で色を感じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

色覚【しきかく】

光の波長の差によってを識別する感覚。硬骨魚類,鳥類,霊長類でよく発達するが,ハチやチョウなどの昆虫にも認められる。ヒトでは,個人差はあるが,波長約400〜800nmの光が色覚を起こさせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しきかく【色覚 color sensation】

光の波長の違いにより生じる感覚。脊椎動物中,最も色覚が発達しているのは霊長類,鳥類,硬骨魚類などで,これらの動物の網膜を微小電極を使って調べてみると,それぞれ赤や緑や青の波長域に最大感度を示す3種類の錐体が網膜に存在することが明らかにされている。しかし,動物の中にはハツカネズミハムスターコヨーテアシナシトカゲアフリカツメガエルのように色覚がないことが確かめられたものや,リスのように二原色からなる色覚をもっていることが確かめられたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しきかく【色覚】

色、すなわち可視光線の波長の差を識別する感覚。色神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色覚
しきかく

異なる波長の光、またはその混合によっておこる視覚の質的差をいう。ヒトは太陽光線スペクトルのうち約800~400ナノメートルの波長の光線を見ることができ(可視光線)、波長の範囲に応じて大別して約7種の色を感じることができる。[市岡正道]

色の認知機序

色覚は、網膜中の視細胞である錐状体(すいじょうたい)(錐体)を通しておこる。ヒトには青、緑、黄の波長に対してそれぞれもっとも感受性の高い色素をもった3種の錐状体がある。このうち黄に対して最大感度を示す錐状体は、赤の部分の光に対しても十分感度がよい。このようにヒトの網膜には、「光の三原色」にほぼ相当する青、緑、黄‐赤という3種の色光によく感ずる機構が備わっているといえる。さらに大脳皮質視覚領には青、緑、橙(だいだい)‐赤の波長に対して最大の反応をする細胞が多数あることがわかっている。色は、三つの錐状体系からの求心性神経インパルス(活動電位)のパターンpatternと皮質視覚領の3種の神経細胞群の興奮パターン等によって認知されるものと考えられる。[市岡正道]

色覚の三つの属性

色覚には、色相(または単に色、あるいは色調)、明度、飽和度(または彩度)の三つの属性がある。色相は刺激光の波長によって決められる属性で、太陽光線のスペクトルではおおよそ赤(約723~647ナノメートル)、橙、黄、緑(約575~492ナノメートル)、青(約492~450ナノメートル)、藍(あい)、紫の7種に大別される。しかし、色相に対応する太陽光線の波長は研究者のデータに若干の違いが認められる。色相の総数は弁別できる最小波長差の数の多少によるわけで、ヒトの場合で約165種とされている。
 明度とは明るさの度合いで、黒から白まで11段階に分けられている。また、飽和度とはある色に白の混じる度合いをいい、白が多く混じるほど鮮やかさは失われて飽和度が低くなる。165種の色相のそれぞれを明度と飽和度とで細区分すると、「色合い」の種類は数十万に達することになる。[市岡正道]

色光の混合

二つ以上の単色光で網膜の同一部位を刺激すると、刺激光とは異なった混合色を感じる。これは二つ以上の生理学的過程が重なっておこった色の感覚である。このような単色光の混合においては次のことが知られている。
(1)すべての単色光を混合すると白になる。
(2)混合する2色がスペクトルのうえで離れているほど混合色の飽和度が低下し、ついにはある2色を混ぜると白になる。このような2色を互いに他の補色という。たとえば赤‐青緑、黄‐インディゴ青、緑黄‐紫などである。
(3)スペクトルの両端にある紫と赤とを混ぜると、スペクトル中にはない紫紅(しこう)ができる。
(4)少数の単色光をいろいろな割合で混ぜると任意の色が得られる。こうした任意の色をつくるには少なくとも赤、緑、青の3色が必要とされるため、これを「色の三原色」という。[市岡正道]

残像と対比

色覚においては残像や対比という現象がみられる。残像とは光刺激が消失したあとに残る光の感覚をいい、対比とは比較によって二つの性質の特徴が目だつことをいう。残像のうち、同色の残像を陽性残像、補色の残像を陰性残像とよぶ。また、対比では補色がみられたり、飽和度が変化したりする。
 なお、色覚異常のうち赤緑色覚異常は伴性劣性の遺伝で、欧米では男性の約8%、女性の約0.5%、日本では男性の約4~5%、女性の約0.2%を占めている。2型三色覚(旧称は緑色弱)、次いで2型二色覚(旧称は緑色盲)が多く、1型二色覚(旧称は赤色盲)、1型三色覚(旧称は赤色弱)が順に続いている。[市岡正道]

動物の色覚

ヒト以外の動物でも、異なる波長の光を識別する能力すなわち色覚(色感覚(いろかんかく)ともいう)をもつものがある。しかし、その色覚の内容は、動物によってかなり異なっている。脊椎(せきつい)動物の場合、色彩視に関係するのは網膜中の錐状体(すいじょうたい)であり、桿状体(かんじょうたい)は明暗視のみにかかわっている。このため、網膜にある錐状体と桿状体の割合を調べることによって、その動物がどの程度の色覚をもつかおおよその見当をつけることができる。
 錐状体による視覚がもっとも発達しているのは鳥類である。昼行性の鳥類の網膜、とくにその中央部分には錐状体が密集しており、弱い光にも感じうる桿状体はほとんどない。そのため、多くの鳥は薄暗がりの中で視力を失ういわゆる鳥目である。しかし、フクロウのような夜行性の鳥には、発達した暗所視をするがほとんど錐状体をもたないため色覚がないものがある。ヘビ、カメ、トカゲなどの爬虫(はちゅう)類にも色彩視がよく発達している。硬骨魚類に色覚があることは、網膜中に錐状体があり、また異なる波長の光に異なる応答をする細胞があること、さらに特定の色に対する行動などからも示されている。しかし、サメ、エイを含む軟骨魚類には、いくつかの例外を除いて錐状体がなく、色覚はない。カエル、イモリなどの両生類には錐状体があり、色覚があるが発達の程度は低い。一般的にいって夜行性の動物には色覚がない。哺乳(ほにゅう)類は原則として色覚がないとされるが、それは哺乳類の祖先が夜行性であったためといわれる。ヒトやサルなどの霊長類は発達した色覚をもつが、これはむしろ例外であり、イヌ、ネコ、ブタなど幾種かの哺乳類に弱い色彩視が認められるにすぎない。
 無脊椎動物にも発達した色彩視をするものがある。節足動物、とくに昆虫類には高度の色覚があり、行動の解析や電気生理学的な多くの研究により、ミツバチやショウジョウバエなどの色覚がよく知られている。ミツバチなどの可視光の範囲は、ヒトのものよりも短波長側にずれており、ヒトの目に見えない紫外部を含む3色を区別することができるが、ヒトには赤色に見える長波長側の光を見ることができない。しかし、アゲハチョウには6種類もの分光感度の異なる視細胞があり、赤色を見ることができる。夜行性の昆虫には、色覚をもたないものがある。イカやタコなど軟体動物の頭足類は、よく発達した目をもち、周囲の色に応じてすばやく体色変化をする。しかし、網膜から記録される電気的反応や、行動を調べた研究の結果は、頭足類が色覚をもたないことを示している。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の色覚の言及

【視覚】より

…光刺激によって生じる感覚で,明暗を感じる感覚を光覚,色を感じる感覚を色覚という。おもな感覚器はである。…

【目∥眼】より

…杆状体は視野の20度から30度にあたる周辺部に最も多く分布し,暗いところで働き,主として明暗を感じ,色を感じない(図7)。(1)色覚と光覚 視覚には色覚と光覚がある。色覚は色を感ずる目の機能のことで,色覚は錐状体の働きによることから,網膜の中心部でよく,周辺部では不良であり,明るいところではよく,暗いところでは悪い。…

※「色覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

色覚の関連キーワード血リンパ深部感覚多色性化学感覚光覚三色説微胞子虫目分光蛍光光度計におい(匂い∥臭い)脊椎動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

色覚の関連情報