コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視紅 シコウ

デジタル大辞泉の解説

し‐こう【視紅】

脊椎動物の目の網膜にある紫紅色の感光物質。光が当たると化学変化を起こして色が薄くなり、暗くなるともとに戻る。ビタミンAが欠乏するとこの物質が生成されず、夜盲症になる。ロドプシン。視紅素視紫紅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこう【視紅】

脊椎動物の網膜の視細胞のうち、桿状体の外節に含まれ、光の感覚に関与する物質。ビタミン A に近い構造のものとタンパク質が結合した色素で、ビタミン A が欠乏するとその合成が妨げられ、夜盲症となる。視紫紅。ロドプシン。視紅素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

視紅
しこう

ロドプシン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

視紅
しこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の視紅の言及

【ロドプシン】より

…視紅visual purpleともいう。網膜の杆状体(かんじようたい)の外節に含まれる紫紅色の色素タンパク質で,光の受容体として機能する。…

※「視紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

視紅の関連キーワード11ハロロドプシン桿状体・杆状体ウォールド細谷 雄二ビタミン脊椎動物細谷雄二棒細胞暗順応杆状体杆体視黄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android