視紅(読み)シコウ

化学辞典 第2版「視紅」の解説

視紅
シコウ
visual purple

ロドプシンともいう.脊椎動物(かん)体外節に含まれ,薄明視または桿体視に関与している色素タンパク質をいう.レチノール(ビタミンA)の誘導体であるレチナールと,無色のタンパク質オプシンとが結合したもので,分子量は3×104 前後.全アミノ酸残基の約半分が疎水性アミノ酸残基で占められているため,水に不溶で,膜7回貫通型構造を有し,通常,ジギトニンサポニンなどを用いて,視細胞の膜から抽出する.生体中で,視紅は光照射によりall-trans-レチナールとオプシンに分解され,レチナールはさらに,アルコール脱水素酵素とニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)により,ビタミンAに還元される.暗黒中で,視紅は11-cis-レチナールとオプシンより再合成される.α,β,γの三つの吸収帯を有し,α帯(500 nm 付近)は,その動物の薄明視の分光感度に一致する.淡水魚およびある種の両生類では,視紅のかわりに紫色の色素であるポルフィロプシンが含まれているが,タンパク質は同じオプシンであるという.[CAS 9009-81-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「視紅」の解説

し‐こう【視紅】

〘名〙 脊椎動物の網膜明暗視覚に関与する桿状体(かんじょうたい)に含まれる紫紅の感光物質。光をあてると化学変化を起こして色があせるが、暗所へもどすと再合成される。ビタミンAが欠乏するとこの物質ができないので夜盲症となる。ロドプシン。視紅素視紫紅

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「視紅」の解説

し‐こう【視紅】

脊椎動物の目の網膜にある紫紅色の感光物質。光が当たると化学変化を起こして色が薄くなり、暗くなるともとに戻る。ビタミンAが欠乏するとこの物質が生成されず、夜盲症になる。ロドプシン。視紅素。視紫紅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「視紅」の解説

視紅

 ロドプシンともいう.レチナールとオプシン(タンパク質)の結合した物質で,光を受容する.網膜の桿状体にある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の視紅の言及

【ロドプシン】より

…視紅visual purpleともいう。網膜の杆状体(かんじようたい)の外節に含まれる紫紅色の色素タンパク質で,光の受容体として機能する。…

※「視紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android