コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山三右衛門 すぎやま さんえもん

2件 の用語解説(杉山三右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山三右衛門 すぎやま-さんえもん

?-? 江戸時代前期の開拓者。
下総(しもうさ)海上,香取,匝瑳(そうさ)3郡(千葉県)にまたがる椿海(つばきのうみ)の干拓,新田開発を計画し,元和(1615-24)のころ幕府にねがいでるが不許可となる。もと幕府旗本で,士分を剥奪されて椿海湖岸の寺にすんでいた。のち白井治郎右衛門,辻内刑部左衛門らにより開拓はすすめられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉山三右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期,下総国東部(千葉県)の湖水椿海干拓を最初に考えた人物。これまで江戸町人とされていたが,実は徳川氏の旗本で書院番番士,元和1(1615)年の大坂陣に参戦したが敵前逃亡したため士分を剥奪,追放され,椿海湖岸の正賢寺に隠栖,湖上で釣をしていて干拓を思いついたといわれ,幕府に出願したが許可されなかった。この干拓は,のちに白井次郎右衛門,辻内刑部左衛門らによって再願,開始された。<参考文献>川名登「真説椿新田開発記」(『海上町史研究』12号)

(川名登)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉山三右衛門の関連キーワード常世田長翠国府台下総葛飾千葉総国足利基頼大川椿海川上右仲白井治郎右衛門

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone