コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本左近 すぎもと さこん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本左近 すぎもと-さこん

?-? 江戸時代中期の神職。
美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩の預かり地,越前(えちぜん)(福井県)大野郡石徹白(いとしろ)村の白山中居神社の神頭(ことう)職(神主とならぶ神職)。神主上村豊前(ぶぜん)とのあいだに抗争がおき,藩によって左近ら社人500人余は領外追放となったが,宝暦8年(1758)幕府の審理により藩主金森頼錦(よりかね)は改易(かいえき),豊前は死罪となり,左近らは村にかえった。本姓は桜井。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本左近

生年:生没年不詳
江戸中期の越前(福井県)大野郡の石徹白白山中居大権現(神社)の神頭職。石徹白は神社領であり,美濃郡上藩の預かり地であった。宝暦2(1752)年吉田神道派の神主上村豊前らと白川神道派の杉本左近らの社人間の対立抗争が起こった。左近らは4年幕府寺社奉行に訴状を提出したが失敗。藩は左近以下の白川派の社人96軒500人余を追放,70人余が餓死するなど悲惨な状況を生む。左近らは岐阜芥見の豪農篠田源兵衛の援助を受け,老中駕籠訴(1756)や箱訴(1758)を決行。折から郡上の百姓一揆の箱訴と重なり,評定所審理となる。豊前は死罪,左近は30日押込,郡上藩金森氏は改易となる。<参考文献>鈴木義秋・野田直治『郡上藩宝暦騒動の基礎的研究』

(小椋喜一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

杉本左近の関連キーワード郡上騒動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android