コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李全 りぜんLǐ Quán

世界大百科事典 第2版の解説

りぜん【李全 Lǐ Quán】

?‐1231
中国,山東省濰県の農民出身で,金末の反乱集団の首領。剛勇でよく鉄鎗(槍)を操ったので李鉄鎗と称せられた。1210年(嘉定3)に始まるモンゴルの侵入で首都防衛の自信を失った金国が中都(河北省北京市)を捨てて汴梁(べんりよう)(河南省開封)に遷都(貞祐南遷)してより以後,河北全域(河北・山西省)では治安が乱れ,各地に自衛をかねた盗賊集団が発生した。特に山東は金国の弱体化に乗じて南宋が企てた故地回復の目標となって複雑な様相を呈するが,この間にあって李全は,金国の討伐にあって敗死した巨楊安児の余党を統率するその妹楊妙真(楊姑々)を娶って勢力の増強を図りつつ,金,宋,モンゴル3国に降服・背反を繰り返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の李全の言及

【李璮の乱】より

…李璮は山東省濰県の人,字は松寿。父李全は,13世紀初頭以来のモンゴルによる金国侵入がもたらした擾乱(じようらん)の間に起こった盗賊集団の首領から身を興し,金,モンゴル,南宋3勢力の交錯する間に巧みに介在して山東随一の勢力を築いた。のち勢力を過信するの余り南宋を侵して揚州に敗死する(1231)。…

※「李全」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李全の関連キーワード李璮の乱李たん

李全の関連情報