略取(読み)リャクシュ

デジタル大辞泉「略取」の解説

りゃく‐しゅ【略取】

[名](スル)
力ずくで奪い取ること。「敵塁を略取する」
法律で、暴力・脅迫などにより、人をかどわかし連れ去ること。→略取誘拐罪
[類語](1奪う取る取り上げる分捕ぶんどかすめ取るもぎ取る引ったくるぶったくるふんだくるさらっ攫う横取りする強奪する奪取する略奪する収奪する簒奪さんだつする剝奪はくだつする吸い取る/(2連れ去る誘拐拉致らちかどわかす人さらい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「略取」の解説

【略取】りやくしゆ

奪いとる、掠取。〔史記始皇紀〕燕人盧生~曰く、秦をぼすは胡なりと。始皇乃ち將軍恬(まうてん)をして、兵三十人を發し、のかた胡をち、河南の地を取せしむ。

字通「略」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android