コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李北鳴 りほくめい

2件 の用語解説(李北鳴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李北鳴
りほくめい

「イ・プクミョン (李北鳴)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りほくめい【李北鳴 (R)I Pung‐myŏng】

1908‐
朝鮮民主主義人民共和国の作家。植民地期には朝鮮プロレタリア芸術同盟(カップ)の盟員として活躍。青年期の朝鮮窒素肥料工場における生活体験から,その作品には工場労働者の闘いを描いたものが多く,《窒素肥料工場》(1931)や《労働一家》(1947)などが代表作として知られている。なお解放前には《裸の部落》《初陣》などの日本語作品もある。解放後は,労働党中央委員や朝鮮作家同盟副委員長などを歴任。【梶井 陟】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone