コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李北鳴 りほくめい

2件 の用語解説(李北鳴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李北鳴
りほくめい

「イ・プクミョン (李北鳴)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りほくめい【李北鳴 (R)I Pung‐myŏng】

1908‐
朝鮮民主主義人民共和国の作家。植民地期には朝鮮プロレタリア芸術同盟(カップ)の盟員として活躍。青年期の朝鮮窒素肥料工場における生活体験から,その作品には工場労働者の闘いを描いたものが多く,《窒素肥料工場》(1931)や《労働一家》(1947)などが代表作として知られている。なお解放前には《裸の部落》《初陣》などの日本語作品もある。解放後は,労働党中央委員や朝鮮作家同盟副委員長などを歴任。【梶井 陟】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李北鳴の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国KCNA松岳脱北チョソンクル北韓南朝鮮拉北者朝鮮民主主義人民共和国科学院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone