コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初陣 ウイジン

5件 の用語解説(初陣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うい‐じん〔うひヂン〕【初陣】

初めて戦場に出ること。また、その戦い。転じて、初めて試合・競技に出場すること。「初陣を飾る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ういじん【初陣】

島根の日本酒。酒名は、初代当主が17歳のとき、広島藩士お馬廻りとして初陣を飾ったことに由来。「津和野」は米を40%まで磨いて津和野杜氏が仕込む大吟醸酒。淡麗辛口の味わい。ほかに純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒など。平成2、5、11年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は主に佐香錦。仕込み水青野山山麓の湧水「天泉」。蔵元の「古橋酒造」は明治11年(1878)創業。所在地は鹿足郡津和野町後田。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

初陣

島根県、古橋酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ういじん【初陣】

初めて戦場に臨むこと。武門に生をうけた者の正念場でもあり,それだけに初陣での高名は武勇の誉れとされた。《保元物語》に滋目結(しげめゆい)の直垂(ひたたれ)に伏目縄の鎧に身をかため〈太刀ヲ抜テ真向ニアテ,武蔵国住人金子十郎家忠十九歳,軍ハ今日ゾ始ナル,御曹司ノ御内ニ我ト思ハン兵ハ,出アヘヤトゾ名乗タル〉と見える金子家忠は初陣で源為朝麾下(きか)の豪勇高間兄弟を討ち取り,武名をはせたという。また《平治物語》には13歳で父義朝に従った頼朝の初陣の模様が語られているが,頼朝着用の鎧,太刀はいずれも父祖相伝のものであったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ういじん【初陣】

初めて戦いに出ること。また、その戦い。初めて試合や競技会などに出ることにもいう。 「 -を飾る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初陣の関連キーワード出軍出馬深淵に臨むが如し生を享ける武門未生臨幸臨戦時に臨む臨行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初陣の関連情報