コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李垠 り ぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李垠 り-ぎん

イ-ウン

李垠 イ-ウン

1897-1970 朝鮮王朝高宗(コジヨン)国王の第7王子。
光武元年10月20日生まれ。1907年純宗(スンジヨン)の皇太子となり,留学名目で日本にうつされる。1910年韓国併合により,日本の皇族待遇となる。1920年梨本宮方子(なしもとのみや-まさこ)(李方子(-パンジヤ))と結婚。終戦時は陸軍中将。1963年朴正煕(パク-チヨンヒ)政権のもとで56年ぶりに帰国した。1970年5月1日死去。74歳。日本の陸軍大学校卒。日本では李王垠(りおう-ぎん)とよばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

李垠の関連キーワードイ・パンジャ李 方子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李垠の関連情報