コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李方子 イバンジャ

3件 の用語解説(李方子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李方子
イバンジャ

[生]1901.11.4. 東京
[没]1989.4.30. 大韓民国ソウル
朝鮮李王朝最後の皇太子妃。梨本宮守正王の長女として生れる。学習院中等部在学中に日本に留学していた朝鮮王朝の李垠 (イウン) 皇太子と婚約,1920年に結婚するが,実は日本が朝鮮支配のために画策した政略結婚だった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李方子 り-まさこ

イ-パンジャ

李方子 イ-パンジャ

1901-1989 朝鮮王朝皇太子李垠(イ-ウン)の妃。
明治34年11月4日生まれ。梨本(なしもと)守正・伊都子(いつこ)の娘。1920年(大正9)李垠と結婚し,東京にすむ。第二次大戦後王族の身分をうしない,1963年韓国籍を取得して,夫と韓国へわたる。社団法人慈行会を設立し,心身障害者のための福祉事業をすすめた。平成元年4月30日死去。87歳。女子学習院高等科卒。自伝に「流れのままに」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

李方子の関連キーワード朝鮮王朝朝鮮王朝実録春宮行啓皇太子妃朝鮮王室儀軌李垠徳仁皇太子《朝鮮王朝実録》朝鮮王朝の王墓群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李方子の関連情報