コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李峪村古墓 りよくそんこぼ Lǐ yù cūn gǔ mù

1件 の用語解説(李峪村古墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りよくそんこぼ【李峪村古墓 Lǐ yù cūn gǔ mù】

中国,山西省渾源県李峪村に存在し,1923年に多数の青銅器を出土した墓。この地は恒山の西麓を流れる渾河の南岸にあたり,暴風雨によって李峪村近くの断崖が崩壊し,地下の墓室の一部が露出し,そこから青銅器,陶器片,漆器片,玉器,貝製品,骨角器が出土した。露出した出土品は村人に持ち去られ,一部の出土遺物は渾源県長によって回収されたが,フランスなど海外に流出した遺物も多い。出土した青銅器には,鼎(てい),鬲(れき),甑(そう),犠尊,壺,敦(たい),豆,匜(い),盤(ばん),香(か),獣形尊などの容器類,剣,戈,鏃,(ひ)などの武器類,鑣(ひよう)(鏡板),銜(かん)(はみ),車軸頭などの車馬具が存在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李峪村古墓の関連キーワード郭璞恒山山西省太行山脈雁門実有清涼山汾酒雲崗衛綰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone