コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李徳懋 りとくぼう (R)I Tŏng‐mu

1件 の用語解説(李徳懋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りとくぼう【李徳懋 (R)I Tŏng‐mu】

1741‐93
朝鮮,李朝後期の学者,文臣。字は懋官,号は炯庵,雅亭,青荘館など。全州の人。1778年に燕行使に随行して北京に赴き,帰国後《燕記》を著し,朴斉家,朴趾源らとともに実学における北学派を形成した。庶子(妾腹の子)であったために政界での地位は制約されたが,その才を国王正祖に認められて,朴斉家,柳得恭,徐理修とともに奎章閣(けいしようかく)の検書官に登用された。主著に《青荘館全書》71巻がある。実学派の最後を飾る学者の一人李圭景(1788‐?)は孫である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李徳懋の関連キーワード沢野文臣高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録朝鮮通信使書堂末学非学者文臣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone