コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李徳懋 りとくぼう(R)I Tŏng‐mu

世界大百科事典 第2版の解説

りとくぼう【李徳懋 (R)I Tŏng‐mu】

1741‐93
朝鮮,李朝後期の学者文臣。字は懋官,号は炯庵,雅亭,青荘館など。全州の人。1778年に燕行使に随行して北京に赴き,帰国後《燕記》を著し,朴斉家,朴趾源らとともに実学における北学派を形成した。庶子(妾腹の子)であったために政界での地位は制約されたが,その才を国王正祖に認められて,朴斉家,柳得恭,徐理修とともに奎章閣(けいしようかく)の検書官に登用された。主著に《青荘館全書》71巻がある。実学派の最後を飾る学者の一人李圭景(1788‐?)は孫である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李徳懋の関連キーワード寛保ラ=ペルーズ堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件ヘンデルのメサイアウードン江島絵本番付岡康砧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android