コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李徳懋 りとくぼう(R)I Tŏng‐mu

1件 の用語解説(李徳懋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りとくぼう【李徳懋 (R)I Tŏng‐mu】

1741‐93
朝鮮,李朝後期の学者,文臣。字は懋官,号は炯庵,雅亭,青荘館など。全州の人。1778年に燕行使に随行して北京に赴き,帰国後《燕記》を著し,朴斉家,朴趾源らとともに実学における北学派を形成した。庶子(妾腹の子)であったために政界での地位は制約されたが,その才を国王正祖に認められて,朴斉家,柳得恭,徐理修とともに奎章閣(けいしようかく)の検書官に登用された。主著に《青荘館全書》71巻がある。実学派の最後を飾る学者の一人李圭景(1788‐?)は孫である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李徳懋の関連キーワード寛保堀江六之丞ヘンデルのメサイア江島絵本番付寛保御柳月僊元文古万古

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone