コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴斉家 ぼくせいかPak Che‐ga

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくせいか【朴斉家 Pak Che‐ga】

1750‐1815?
朝鮮,李朝時代の学者で実学北学派俊秀。字は次修。号は楚亭または貞蕤。密陽の人。朴趾源に師事する。詩文書画にもすぐれていたが,正祖信任厚く,1776年に新設された奎章閣の検書官として,李徳懋(りとくぼう),柳得恭,徐理修とともに抜擢され,これを四検書という。78年の燕行使に随行した北京旅行から帰国して《北学議》を著し,清国の農蚕,牧畜城郭宮室舟車から甓(煉瓦)の製法にいたるまで仔細に観察し,それから学ぶことによる〈利用・厚生〉を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朴斉家の関連キーワード実学[朝鮮]丁若鏞金正喜