コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朴斉家 ぼくせいか Pak Che‐ga

1件 の用語解説(朴斉家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくせいか【朴斉家 Pak Che‐ga】

1750‐1815?
朝鮮,李朝時代の学者で実学の北学派の俊秀。字は次修。号は楚亭または貞蕤。密陽の人。朴趾源に師事する。詩文や書画にもすぐれていたが,正祖の信任厚く,1776年に新設された奎章閣の検書官として,李徳懋(りとくぼう),柳得恭,徐理修とともに抜擢され,これを四検書という。78年の燕行使に随行した北京旅行から帰国して《北学議》を著し,清国の農蚕,牧畜,城郭,宮室,舟車から甓(煉瓦)の製法にいたるまで仔細に観察し,それから学ぶことによる〈利用・厚生〉を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朴斉家の関連キーワード李霆高麗茶碗ソウル李朝李朝実録倭館亀甲船兼国史庫江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone