コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳得恭 りゅうとくきょう (R)Yu Tǔng‐gong

1件 の用語解説(柳得恭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうとくきょう【柳得恭 (R)Yu Tǔng‐gong】

1749‐?
朝鮮,李朝後期の学者,文臣。字は恵風,恵甫,号は冷斎,冷庵,古芸(こうん)堂。黄海道,文化の人。1778年燕行使蔡済恭の随員として朴斉家とともに清に赴き,帰国後,朴斉家,李徳懋(とくぼう),徐理修とともに奎章閣(けいしようかく)の検書に登用された。実学の北学派に属したが,特に渤海を朝鮮史上に位置付けようとした《渤海考》(1784)は,渤海史研究の先駆的なものとして注目される。文集にこの《渤海考》を含む《冷斎集》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の柳得恭の言及

【渤海】より

…しかし高句麗の故地に興った国であるから記述する〉とあるように,つけたりとされているのである。 こうした《東史綱目》に代表される,渤海史を朝鮮史の従属的な立場におく見方に対し,積極的に自国史上の問題として研究すべきことを主張したのが柳得恭の《渤海考》(1784)である。彼は,〈百済,高句麗が滅んだ後,南に新羅,北に渤海が存在した。…

※「柳得恭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳得恭の関連キーワード沢野文臣高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録朝鮮通信使書堂末学非学者文臣

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone