燕行使(読み)えんこうし

世界大百科事典 第2版の解説

えんこうし【燕行使】

朝鮮が清の北京に派遣した国家使節。1637年に服属してから1894年の甲午改革まで,朝鮮は清に毎年使節を派遣した。1644年に清が北京に遷都すると,朝鮮の使節も北京に派遣された。朝鮮では北京を燕京と呼んだので,この使節を一般に燕行使と称した。ちなみに,清から朝鮮に派遣された使節は勅使という。燕行使は,毎年派遣される冬至使(年貢使)のほかに,必要に応じて謝恩使,奏請使,進賀使,問安使その他があった。これらの使節は,属国の朝鮮が宗主国の清に臣下の礼をとるためという儀礼的なもの以外に,経済的には使節の往復に伴って貿易が行われ,文化的には清の先進文化に朝鮮の知識人が直接触れることができるという意味があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android