コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李朝螺鈿 りちょうらでん

1件 の用語解説(李朝螺鈿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李朝螺鈿
りちょうらでん

朝鮮,李朝時代に制作された漆器の一種。文房具や室内調度品に漆を塗り,貝を文様に合せて切ってはめこんだもの。螺鈿は高麗時代から盛んで,李朝に入ると文様が大柄で絵画風なものになり,自由な表現をみせているが,技法的には高麗時代の繊細さが失われ,粗雑な作品が多くなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李朝螺鈿の関連キーワード李霆訓民正音鎗金テラコッタ李朝白磁妓生洗い朱伊羅保工芸品バガンの漆器工場

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李朝螺鈿の関連情報