コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李朝螺鈿 りちょうらでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李朝螺鈿
りちょうらでん

朝鮮,李朝時代に制作された漆器の一種。文房具や室内調度品に漆を塗り,貝を文様に合せて切ってはめこんだもの。螺鈿は高麗時代から盛んで,李朝に入ると文様が大柄で絵画風なものになり,自由な表現をみせているが,技法的には高麗時代の繊細さが失われ,粗雑な作品が多くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android