材木運上(読み)ざいもくうんじょう

  • ざいもくうんじょう ‥ウンジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 河川を利用して搬出する商・民材に課した定率の運上、または市場の売上高に課した不定率の運上。材木役銀。
② 江戸時代、幕府・諸藩が山林の立木を払い下げる際、原木代として徴収した運上。
※向山誠斎雑記(1838‐56)癸卯雑記「大河原材木運上は、御代官より相納候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android