村井恒蔵(読み)むらい こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井恒蔵 むらい-こうぞう

1849-1915 明治-大正時代の実業家,政治家。
嘉永(かえい)2年1月1日生まれ。明治8年度会(わたらい)県師範学校取締となる。15年三重県会議員,36年議長。その間,初代宇治山田町長をつとめ,39年宇治山田市会議長。また山田銀行(三重銀行前身),伊勢(いせ)電気を創立した。大正4年12月1日死去。67歳。伊勢(三重県)出身は栽軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android