コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重銀行 みえぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重銀行
みえぎんこう

三重,愛知を地盤とする地方銀行。 1895年四日市銀行として設立。大正から昭和初期にかけて地場の銀行を次々に合併し,1929年には三重県下最大級の銀行となった。 32年金融恐慌あおりを受けて休業に追込まれたが,34年業務を再開,39年住友銀行の支援を受け,現行名に変更して再発足した。戦後の高度経済成長期に愛知県に進出し,積極的に店舗網を拡大した。 76年東京支店,82年大阪支店支店を開設。資金量1兆 1361億 4200万円,資金構成は定期 73%,普通 17%,当座3%,通知1%,その他6%。経常収益 439億 8400万円 (連結) ,資本金 105億円,従業員数 1338名,店舗数 86 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

三重銀行

1895年に四日市銀行として設立。本店がある四日市市など三重県北部が地盤で、愛知、東京、大阪の4都府県に計75本支店。連結総資産は1兆9480億円(2016年9月末)。

(2017-01-05 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三重銀行

正式社名「株式会社三重銀行」。英文社名「The Mie Bank, Ltd.」。銀行業。明治28年(1895)「株式会社四日市銀行」設立。昭和14年(1939)現在の社名に変更。本店は三重県四日市市西新地。地方銀行。三重県北部地盤。愛知県にも展開。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード8374。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

三重銀行の関連キーワード日清戦争史(年表)ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)深刻小説日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)リュミエール兄弟観念小説文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三重銀行の関連情報