村山又兵衛(読み)むらやま またべえ

  • 村山又兵衛 むらやま-またべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の座本,名代(なだい)。
芝居といわれる村山又八の。京都村山座の座本。承応(じょうおう)元年(1652)または明暦2年(1656)の不祥事で京都の芝居が禁止されたとき,奉行所に嘆願して再開をゆるされた。戎屋(えびすや)吉郎兵衛,大和屋甚兵衛とともに三兵衛と称された京都歌舞伎界の重鎮。後名は村山平右衛門(初代)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android