村山又兵衛(読み)むらやま またべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山又兵衛 むらやま-またべえ

?-? 江戸時代前期の歌舞伎の座本,名代(なだい)。
京芝居の祖といわれる村山又八の孫。京都村山座の座本。承応(じょうおう)元年(1652)または明暦2年(1656)の不祥事で京都の芝居が禁止されたとき,奉行所に嘆願して再開をゆるされた。戎屋(えびすや)吉郎兵衛,大和屋甚兵衛とともに三兵衛と称された京都歌舞伎界の重鎮。後名は村山平右衛門(初代)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android