村山大島紬(読み)むらやまおおしまつむぎ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

村山大島紬[染織]
むらやまおおしまつむぎ

関東地方、東京都の地域ブランド。
武蔵村山市・西多摩郡瑞穂町・昭島市で生産されている。1920(大正9)年頃、綿織物の村山紺絣と絹織物の砂川太織があわさって、絹織物としての村山大島紬が誕生した。すべての工程が手作業でおこなわれる緻密な織物。東京都伝統工芸品。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の村山大島紬の言及

【村山大島】より

…村山大島紬,村山大島絣ともいうが,紬織でなく絹糸織絣の一種。着尺,羽尺用で,本場大島を模して作られた。…

※「村山大島紬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android