村山 藤四郎(読み)ムラヤマ トウシロウ

20世紀日本人名事典の解説

村山 藤四郎
ムラヤマ トウシロウ

大正・昭和期の社会運動家



生年
明治32(1899)年7月6日

没年
昭和29(1954)年1月14日

出生地
茨城県多賀郡大津町

別名
筆名=和田 叡三,木村 敏郎

学歴〔年〕
東京帝国大学英法科〔大正13年〕卒

経歴
在学中新人会に参加し、卒業後神戸県立商業学校教諭となる。14年産業労働調査所大阪支所が設立されると、その所員となる。同年農民労働党結党式には書記をつとめる。15年コミュニストグループに加入し、昭和2年労働農民党に参加。のち共産党に参加し、「マルクス主義」「農民運動」「労働者」などの雑誌に多くの論文を発表。3年の3.15事件ではおくれて検挙され、獄中で解党論を唱え、共産党から除名される。懲役9年に処せられ、10年仮釈放後は国民思想研究所主事となり、戦時中満鉄調査部に属した。戦後帰国して開拓地に入り、全日本開拓者連盟委員長などを歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android