コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束柱類 そくちゅうるいDesmostylia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

束柱類
そくちゅうるい
Desmostylia

哺乳類の化石目。この目はデスモスチルス科 1科で 4属がある。海牛目,長鼻目,奇蹄目に近縁とされるが,不明。すべて北太平洋沿岸各地の古第三紀漸新世から新第三紀鮮新世前期の地層で発見された。1933年サハリン(樺太)中部のケトンで発見された Desmostylus mirabilis は,この種のものとしては世界で初めて頭部以外の骨格が,ほぼ全体の復元ができる程度に得られた。1950年岐阜県泉町隠居山から Paleoparadoxia tabatai のほぼ完全な骨格が得られ,1964年アメリカ合衆国のカリフォルニア州でも Paleoparadoxia の完全に近い化石が発見された。P. tabataiDesmostylus mirabilis の復元骨格が,国立科学博物館と北海道大学などにある。(→デスモスチルス

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

束柱類

およそ3000~1000万年前に日本や北米などの北太平洋沿岸に生息していた哺乳類。歯が柱を束ねたような形状をしていることから名付けられた。全身骨格の化石のほとんどが日本で発見されており、体長は1.5~3メートルほどで、ゾウジュゴンなどと系統的に近い哺乳類であると分析されてきた。陸生か海生かといった生態については研究者の間で見解が分かれていたが、2013年4月、海中で生活していた可能性が高いとする研究成果が日独の研究チームによって発表された。

(2013-4-6)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

束柱類
そくちゅうるい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android