来し方行く末(読み)コシカタユクスエ

デジタル大辞泉「来し方行く末」の解説

こしかた‐ゆくすえ〔‐ゆくすゑ〕【来し方行く末】

[連語]
過去と未来。
「眠られぬ儘に―を思い回(めぐ)らせば回らすほど」〈二葉亭浮雲
通り過ぎてきた方向と、これから行く方向。
「はるばる一通りは―野原なり」〈とはずがたり・四〉

きしかた‐ゆくすえ〔‐ゆくすゑ〕【来し方行く末】

[連語]
過去と未来。来し方行く先。「来し方行く末を思う」
過ぎてきた方向・場所と、これから行く方向・場所。来し方行く先。
「―も知らず、海にまぎれむとしき」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android