コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とはずがたり とはずがたり

4件 の用語解説(とはずがたりの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とはずがたり
とはずがたり

鎌倉時代の日記文学後深草院二条 (大納言久我雅忠の娘) 著。5巻。徳治1 (1306) 年以後まもなく完成。前3巻は後深草院の寵を得た文永8 (1271) 年から宮仕えを退くまで (14~28歳) の仙洞の生活を,後2巻は東国旅行や院との再会,対面,西国旅行や院の崩御,遺子遊義門院との邂逅をおもな内容とする 32歳から 49歳までの出家修行の生活を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とわずがたり【とはずがたり】[書名]

鎌倉後期の日記。5巻。後深草院二条作。徳治元年(1306)以後に成立。14歳で後深草上皇の寵(ちょう)を得て、宮廷生活を送ったときの愛欲の記録や、31歳で出家後、諸国を巡った旅の見聞・感想を記したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

とはずがたり

問はず語り(とわずがたり)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とわずがたり【とはずがたり】

日記。五巻。久我雅忠女むすめ(後深草院二条)作。宮廷での数奇な恋愛生活の回想と、晩年に出家して各地を旅行したときの紀行文とから成る。作者一四歳の1271年から1306年までの記事を含んでおり、その後1、2年のうちにまとめられたと見られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とはずがたりの関連情報