来国次(読み)らいくにつぐ

精選版 日本国語大辞典「来国次」の解説

らい‐くにつぐ【来国次】

鎌倉末期から南北朝時代の刀工来派の一人。作風は伝統的な直刃と沸(にえ)づいた乱れ刃の二様があり、後者相州正宗の影響とみられ、江戸時代の刀剣書には正宗十哲の一人に挙げられている。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android