岡崎正宗(読み)オカザキマサムネ

  • おかざきまさむね〔をかざき〕
  • 岡崎正宗 おかざき-まさむね

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉末期の刀工。鎌倉の人。行光の子で新藤五国光の門弟という。美しい地肌と刃文(はもん)に金筋、稲妻をまじえた相州伝を完成し、日本刀の代表的作家とされる。一説に非実在説もあり、種々の伝説が残る。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

生没年不詳
鎌倉末期の刀工
号は五郎入道。相模の人。名工新藤五 (しんとうご) 国光に鍛錬の秘法を学び,独特な作風を開いた。高弟郷義弘・関兼氏・長船兼光らがいる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報