コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来国俊 ライクニトシ

デジタル大辞泉の解説

らい‐くにとし【来国俊】

鎌倉後期の刀工国行の子。来派代表者。銘に「国俊」の2字のものと、来を冠した3字のものとがあって作風も異なるため、同人説・別人説の両方がある。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

来国俊
らいくにとし

生没年不詳。鎌倉時代の刀工。国行の子といわれ、京鍛冶(かじ)、来派の代表者。銘に「国俊」二字のものと、来を冠したものの二様があり、両者の同人説、別人説の二つがある。二字銘には弘安(こうあん)元年(1278)があり、三字銘には「来国俊 正応(しょうおう)二年(1289)十月廿三日 □□歳七十五」銘の太刀(たち)が現存して同人説の資料となっている。しかし、両者の作風が相違するため、相違を時代色とみる一方、江戸時代本阿弥(ほんあみ)家では折紙(おりかみ)に「二字国俊」「来国俊」と区別し、父子としている。作風も、二字銘が、丁子(ちょうじ)、互(ぐ)の目混じり、沸(にえ)づいて足の入った華やかなのに対し、三字銘は直刃(すぐは)調に小丁子、小足の混じった穏やかなものとなる。また二字銘は太刀がほとんどで短刀は一振りだけであるが、三字銘には太刀、短刀ともに多くみられる。なお、「来源国俊」「源来国俊」と銘したものもあり、氏が源であったことがうかがわれる。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の来国俊の言及

【山城物】より

…一方,同じころ四条大路には定利,定吉ら綾小路派がおり,中期から南北朝時代にかけては国行を祖とする来(らい)派が栄えた。来派は一説に先祖が高麗からの帰化人といい,銘に来国俊,来国光,来国次,来倫国,来国長など〈来〉の字を冠するものが多い。山城物の中で最も繁栄したのがこの来派で,他国への影響力も大きく,来国長は摂津中島へ移り,来国俊の門人国村は肥後の地に延寿派を開き,また来国俊の子了戒の末葉は筑紫の地に移住し,それぞれ地方鍛冶の祖となっている。…

※「来国俊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

来国俊の関連キーワード二荒山神社(栃木県日光市)愛知県名古屋市熱田区神宮日光二荒山神社宝物館熱田神宮宝物館国俊(2)蛍丸国俊国光

来国俊の関連情報