東久邇 成子(読み)ヒガシクニ シゲコ

20世紀日本人名事典の解説

東久邇 成子
ヒガシクニ シゲコ

昭和期の皇族 昭和天皇第一皇女。



生年
大正14(1925)年12月6日

没年
昭和36(1961)年7月23日

出生地
東京

別名
幼名=照宮 成子(テルノミヤ シゲコ)

学歴〔年〕
女子学習院卒

経歴
昭和18年10月東久邇宮稔彦王の長男、陸軍大尉・東久邇盛厚王とご結婚。20年3月10日の東京大空襲下、自宅の防空濠で長男信彦殿下をご出産。戦後は皇籍を離脱してサラリーマン夫人となり、自分で畑を耕し、鶏を飼い、子供の衣服を縫うという、生活ぶりを書いた「やりくりの記」(暮しの手帖社)が評判になった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

東久邇 成子 (ひがしくに しげこ)

生年月日:1925年12月6日
昭和時代の皇族
1961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる