東久邇成子(読み)ひがしくに しげこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東久邇成子 ひがしくに-しげこ

1925-1961 昭和天皇の第1皇女。
大正14年12月6日生まれ。昭和18年東久邇宮稔彦(なるひこ)王の長男盛厚(もりひろ)王と結婚。20年3月10日の東京大空襲下で長男を出産。戦後,皇籍をはなれる。昭和36年7月23日死去。35歳。女子学習院中等科卒。幼称は照宮(てるのみや)。著作に「やりくりの記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android