コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京芸術大学120周年 とうきょうげいじゅつだいがく120しゅうねん/とうきょうげいじゅつだいがくひゃくにじっしゅうねん

1件 の用語解説(東京芸術大学120周年の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

東京芸術大学120周年

東京芸術大学の前身である東京音楽学校東京美術学校が1887(明治20)年に誕生して、2007年で120年を迎えた。明治政府は音楽教育のため1879年に音楽取調掛文部省に設置し、1885年に音楽取調所とし、1887年に東京音楽学校と改称した。また美術分野では1885年、図画取調掛を作ってアーネスト・フェノロサ岡倉覚三(天心)らを委員に招いて調査をさせ、1887年に図画取調掛を東京美術学校と改称した。1949年には両校を母体として東京芸術大学が誕生(両校は2年後の1951年に廃校)した。同大は2004年に国立大学法人法により、「国立大学法人東京芸術大学」となった。その後、大学院映像研究科映画専攻やメディア映像専攻、音楽研究科音楽文化学専攻を設置するなど、改革を進めてきた。120周年には奏楽堂や大学美術館を中心に記念企画が組まれ、芸大アーツ・サミット'07や、「岡倉天心――芸術教育の歩み」展などが行われた。

(山盛英司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東京芸術大学120周年の関連キーワード音楽取調掛東京音楽学校東京芸術大学東京美術学校京都市立芸術大学納所弁次郎橋本 國彦山田 耕筰滝 廉太郎髙田 三郎

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone