コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条景信 とうじょう かげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条景信 とうじょう-かげのぶ

?-? 鎌倉時代の武士。
安房(あわ)(千葉県)長狭(ながさ)郡東条郷の地頭。熱心な浄土教信者で,文永元年(1264)東条松原大路で日蓮の一行を襲撃し,日蓮を負傷させた(小松原法難)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

東条景信

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武士。安房国(千葉県)東条御厨の地頭で,近くの清澄寺の僧について念仏を信仰したことで,法華信仰を説く日蓮と鋭く対立。日蓮を鎌倉に追いやる因をつくったが,文永1(1264)年11月11日には安房に戻った日蓮を東条の松原大路で襲撃して日蓮の弟子たちを殺傷した。東条の難,あるいは小松原の法難といわれるものである。<参考文献>高木豊「清澄の日蓮」(『金沢文庫研究』124号)

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

東条景信の関連キーワード鏡忍坊日暁鎌倉時代工藤吉隆安国論寺日蓮宗

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android