コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条景信 とうじょう かげのぶ

2件 の用語解説(東条景信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条景信 とうじょう-かげのぶ

?-? 鎌倉時代の武士。
安房(あわ)(千葉県)長狭(ながさ)郡東条郷の地頭。熱心な浄土教信者で,文永元年(1264)東条松原大路で日蓮の一行を襲撃し,日蓮を負傷させた(小松原の法難)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東条景信

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武士。安房国(千葉県)東条御厨の地頭で,近くの清澄寺の僧について念仏を信仰したことで,法華信仰を説く日蓮と鋭く対立。日蓮を鎌倉に追いやる因をつくったが,文永1(1264)年11月11日には安房に戻った日蓮を東条の松原大路で襲撃して日蓮の弟子たちを殺傷した。東条の難,あるいは小松原の法難といわれるものである。<参考文献>高木豊「清澄の日蓮」(『金沢文庫研究』124号)

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東条景信の関連キーワード安房神社安房安西景春安西景益工藤吉隆西郷正員佐知景則里見義通東条常政平野仁右衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone