コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一行 いちぎょう Yi-xing

12件 の用語解説(一行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一行
いちぎょう
Yi-xing

[生]弘道1(683)
[没]開元15(727)
中国,唐の僧。真言密教インドの善無畏,金剛智に学んだ。真言宗五祖の一人。禅,律,暦法にも通じていたという。主著は『大日経疏』『大衍暦』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【一行】

文章のひとくだり。文字の一列。
仏教の一つの行(ぎょう)。また、一つの行に励むこと。
いっこう(一行)4

いちぎょう【一行】[人名]

[683~727]中国、唐代の僧。善無畏(ぜんむい)金剛智に学び、密教の基礎をつくった。、また暦法に詳しかった。著「大日経疏」「大衍暦(だいえんれき)」など。一行阿闍梨(あじゃり)。大慧禅師(だいえぜんじ)。

いっ‐こう〔‐カウ〕【一行】

一緒に行く人々。同じ行動をする人々。「選手団一行
ひとつらなり。1列。「一行の雁」
一つの行い。「一行失すれば百行(はっこう)ともに傾く」「一言一行
書面一通。特に許可・借用などの証拠となる文書一通。いちぎょう。
「各五千石の―を頂戴せしめ」〈太閤記・六〉

ひと‐くだり【一行】

文章の1行。また、文章・話の中の一部分

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一行【いちぎょう】

中国,唐代の密教学者。〈いっこう〉とも。真言五祖の一人。魏州の人。インド僧善無畏(ぜんむい),金剛智(こんごうち)に師事,玄宗(げんそう)に仕える。《大日経疏(だいにちきょうしょ)》を著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちぎょう【一行 Yī Xíng】

683‐727
中国の唐代の密教僧,天文学者。〈いっこう〉とも読む。本名は張遂,魏州(河南省)昌楽の出身。経史,暦象陰陽五行の学に精通するとともに,天台,禅をも学び,さらに善無畏より密教を伝授された。721年(開元9),李淳風の麟徳暦(儀鳳暦)による日食予報にたびたび誤報があったことから,玄宗は一行に改暦を命じた。彼はまず梁令瓚と黄道游儀を作って太陽,月,5惑星の運行および恒星の位置を測定し,また水力で動く天球儀(水運渾象)を製作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いちぎょう【一行】

文章の一つの行ぎよう。また、ひとくだり。
〘仏〙 一事に専心すること。また、その行ぎよう。多くは念仏をいう。
いっこう(一行) 」に同じ。

いちぎょう【一行】

683~727) 中国、唐代中期の真言宗の僧。姓は張、名は遂。勅諡ちよくしは大慧だいえ禅師。玄宗の帰依きえをうける。インド僧善無畏ぜんむい・金剛智について密教を学ぶ。「大日経疏」二〇巻を撰述。また、暦法に詳しく「大衍たいえん暦」五二巻を作った。一行禅師。一行阿闍梨あじやり

いっこう【一行】

連れ立って行く人々。いっしょに行動する人々。 「使節団の-」
一つのおこない。 「一言-」
ひとならび。ひとつらなり。 「雁青天に点じて字-/狂言・雁雁金」
中世、主として武家における許可状・推挙状。
一通の書状。 「 -ヲ染メ候そろ/ロドリゲス」

ひとくだり【一行】

文章の、ある一行いちぎよう
文章・物語の一部分。一節。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一行
いちぎょう
(683―727)

中国、唐代の密教の高僧。天文暦学の科学者。魏州(ぎしゅう)(河北省)昌楽(しょうらく)の人。幼時より聡明(そうめい)で、長じて経史を学び、とくに天文暦算を究めた。出家して嵩山(すうざん)の普寂(ふじゃく)禅師(651―739)に禅要を学び、また荊州(けいしゅう)(湖北省)当陽山の悟真に律蔵を学ぶ。ついで天台山に登り、天台教学の秘奥(ひおう)を修めた。のち717年(開元5)召されて長安に赴き、深く玄宗(げんそう)の帰依(きえ)を受けた。そのころ716年に善無畏(ぜんむい)(637―735)がインドから大陸を経て来唐し、ついで720年に金剛智(こんごうち)が南海を渡って来唐し、密教経典の伝訳の大事業をなすと、一行はとくに善無畏の訳場に列して『大日経』の訳出を助け、さらに師の指南を受けながら『大日経疏(だいにちきょうしょ)』20巻の大著を完成した。またこの間の721年、勅によって新暦を撰(せん)し、ついで『大衍暦(だいえんれき)』52巻を撰した。かくて名声はいよいよ高まり、一代の英才と仰がれたが、惜しくも45歳の若さで寂(じゃく)した。諡号(しごう)を大慧(だいえ)禅師といい、玄宗自ら塔録(とうろく)を撰した。
 一行は密教史上偉大な業績を残した人であるが、現代の中国ではむしろ天文暦法の科学者としての評価が高い。[勝又俊教]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一行の言及

【大衍暦】より

…中国,唐代の暦法の一つで,僧の一行(いちぎよう)が玄宗の命によって編んだ。太陰太陽暦。…

【一行】より

…経史,暦象陰陽五行の学に精通するとともに,天台,禅をも学び,さらに善無畏より密教を伝授された。721年(開元9),李淳風の麟徳暦(儀鳳暦)による日食予報にたびたび誤報があったことから,玄宗は一行に改暦を命じた。彼はまず梁令瓚と黄道游儀を作って太陽,月,5惑星の運行および恒星の位置を測定し,また水力で動く天球儀(水運渾象)を製作した。…

※「一行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一行の関連キーワードあいしらい単記連・列連る二期毎号連・嗹・聯連日連(紙)連(錨)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一行の関連情報