コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東欧安保体制 とうおうあんぽたいせい

1件 の用語解説(東欧安保体制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東欧安保体制
とうおうあんぽたいせい

冷戦終結後の東ヨーロッパにおける集団安全保障問題。 1991年7月のワルシャワ条約機構解体以後,安全保障真空地帯状態を懸念する東ヨーロッパでは,ビシェグラード・グループ4ヵ国やバルト3国 (93年 11月に 650人のバルト大隊の創設で合意) が軍事面でも相互協力を強化しているが,ロシアの潜在的な脅威に対抗できる力を欠く。各国は北大西洋条約機構 NATO加盟を求めているが,孤立化を恐れるロシアが反対している。 NATOは 94年1月の首脳会議で,これら諸国と「平和のための協力協定」を個別に結ぶことを決め,演習,情報交換などを通じて将来の共同行動にそなえ,安全保障上の脅威を感じた場合,NATOと緊急協議できることになった。ロシア軍は少数の要員を除き 93年にリトアニアポーランド,94年にドイツエストニアラトビアから撤退,東ヨーロッパ,バルト3国から姿を消した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone