演習(読み)エンシュウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐しゅう〔‐シフ〕【演習】

[名](スル)
慣れるために繰り返し習うこと。練習。「演習問題」
実戦や非常時を想定して行う訓練。「実弾演習」「消防演習
大学・大学院などで、教授の指導のもと学生が研究・発表・討議を行うことを主眼とした、少人数の授業の形式。ゼミナール。ゼミ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしゅう【演習】

( 名 ) スル
物事に慣れるため、繰り返して習うこと。練習。けいこ。 「運動会の予行-」
軍隊などで、実戦に備えて同じような状況を想定して行われる訓練。また、その訓練を行うこと。 「陸海合同-」
ゼミナール。 「国文学-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐しゅう ‥シフ【演習】

〘名〙
① 学問、技芸などを繰り返して習うこと。けいこ。練習。
※通俗赤縄奇縁(1761)二「街に出、斯文の模様を演習(ヱンシウ)(〈注〉ケイコ)し」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「戯台(しばゐ)に出る演習として」 〔長生殿‐偸曲〕
② 軍隊で、実戦に慣れ、また、平素訓練した戦闘能力をためすために、実戦の状況を想定して行なう、軍事行動の練習。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉六「演習の為としては奴隷を襲撃せしむるも可なり」
③ 大学などの授業方法の一つ。学生に研究発表をさせたり、全員で討議を行なったりするもの。ゼミナール。セミナー。
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉批評学「就いては演習の題目に佐佐木茂索(もさく)氏の新著『春の外套』を出しますから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の演習の言及

【ゼミナール】より

…大学における教育形態として重要な位置を占め,教師が一方的に研究成果を教授する講義形式と対照をなす。ラテン語のseminarium(〈苗床〉の意)を語源とし,英語ではセミナー,日本語では演習と訳される。ヨーロッパですでに16世紀に,僧職者の養成などでこの種の教育が始められたといわれるが,大学の教育法としては,ドイツの言語学者ゲスナーJohann Gesnerがゲッティンゲン大学で創始したとされる。…

※「演習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演習の関連情報