コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演習 エンシュウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐しゅう〔‐シフ〕【演習】

[名](スル)
慣れるために繰り返し習うこと。練習。「演習問題」
実戦や非常時を想定して行う訓練。「実弾演習」「消防演習
大学・大学院などで、教授の指導のもと学生が研究・発表・討議を行うことを主眼とした、少人数の授業の形式。ゼミナール。ゼミ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしゅう【演習】

( 名 ) スル
物事に慣れるため、繰り返して習うこと。練習。けいこ。 「運動会の予行-」
軍隊などで、実戦に備えて同じような状況を想定して行われる訓練。また、その訓練を行うこと。 「陸海合同-」
ゼミナール。 「国文学-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の演習の言及

【ゼミナール】より

…大学における教育形態として重要な位置を占め,教師が一方的に研究成果を教授する講義形式と対照をなす。ラテン語のseminarium(〈苗床〉の意)を語源とし,英語ではセミナー,日本語では演習と訳される。ヨーロッパですでに16世紀に,僧職者の養成などでこの種の教育が始められたといわれるが,大学の教育法としては,ドイツの言語学者ゲスナーJohann Gesnerがゲッティンゲン大学で創始したとされる。…

※「演習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

演習の関連キーワード在沖縄米海兵隊の実弾砲撃演習千葉県習志野市東習志野旧陸軍山田野演習場中ロ合同軍事演習チームスピリット米韓合同軍事演習陸軍特別大演習大矢野原演習場プラクティスキャンプ富士ウオーゲームエクササイズ今津[町]リハーサルリムパックNOTAM廠舎・厰舎恵庭事件日出生台相馬ヶ原

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演習の関連情報