コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西で名跡復活 とうざいでみょうせきふっかつ

1件 の用語解説(東西で名跡復活の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

東西で名跡復活

2008年、東京の古今亭今輔、大阪の桂米団治が復活する。5代目今輔は、1960年代、「おばあさん落語」で一世を風靡(ふうび)した人気落語家。2008年春、古今亭錦之輔(37)が真打ち昇進と同時に、32年ぶりに6代目を継ぐ。錦之輔は古今亭寿輔門下の新作派。08年10月、5代目となる米団治を襲名するのは桂小米朝(48)。人間国宝桂米朝は父親。4代目は米朝の師匠だった。どちらも約半世紀ぶりの復活。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東西で名跡復活の関連キーワード京の夢大阪の夢桂米丸(4代)古今亭今輔(初代)古今亭今輔(2代)古今亭今輔(3代)古今亭今輔(4代)古今亭今輔(5代)古今亭志ん生(3代)古今亭志ん生(4代)野村無名庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone