コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風靡 フウビ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐び【風×靡】

[名](スル)風が草木をなびかせるように、広い範囲にわたってなびき従わせること。また、なびき従うこと。「一世を風靡する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうび【風靡】

( 名 ) スル
風が草木をなびかせるように、多くの者をなびき従わせること。 「一世を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風靡の関連キーワードシューマン, クララ:ベッリーニの「海賊の歌」にもとづくピアノの為の演奏会用変奏曲/piano soloSuper Studio Sessionアルフォンス ルメールミンディ カーペンター富士松加賀太夫(7世)ユニバーサル[会社]竹本綾之助(1世)ベネチア刺繍レース前略、道の上より宮薗千寿(3世)松永和風(4世)THINK Cニックリッシュウォークマンネオバロック高橋 桜州池田理代子チェイニー寿々木米若オクジャワ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風靡の関連情報