コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東部モンゴル高原 とうぶモンゴルこうげんMongolyn Dornod tal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東部モンゴル高原
とうぶモンゴルこうげん
Mongolyn Dornod tal

モンゴル東部に広がるステップ地帯。モンゴル高原の北東部にあたる。東西に長く,西はハンガイ山脈,北はヘンティー山脈によって限られる。東は中国のフルンボイル (呼倫貝爾) 高原に続き,南は北緯 45°付近でゴビに移行する。ゆるやかに起伏する山地を含むが,標高は東部で 600m,西部で 1500m。年降水量 100~250mm。ヘンティー山脈に発するヘルレン川,オルズ川などが北東流する。ヤギ,ヒツジ,ラクダ,ウマが放牧される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東部モンゴル高原の関連キーワードウンドゥルハーンバローンオルトスヘバートル州チョイバルサンモンゴル帝国モンゴル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android