コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東錦貝 アズマニシキガイ

デジタル大辞泉の解説

あずまにしき‐がい〔あづまにしきがひ〕【東錦貝】

イタヤガイ科の二枚貝潮間帯から水深20メートルまでの岩石足糸で着生する。貝殻はホタテガイに似た形で、殻長7センチくらい。色は赤・紫など。殻表には大小の放射状の肋(ろく)がある。食用。あかざらがい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

東錦貝 (アズマニシキガイ)

学名:Chlamys farreri
動物。イタヤガイ科の二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報