コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勝五郎(初代) きねや かつごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋勝五郎(初代) きねや-かつごろう

?-1839 江戸時代後期の長唄三味線方。
初代杵屋和吉(わきち)の門弟。杵勝(きねかつ)派の祖。文化9年立三味線にすすみ,天保(てんぽう)のころにかけて活躍。のち勝左衛門と改名。以後勝五郎の名は6代をかぞえる。天保10年6月24日死去。作品に「小鍛冶(こかじ)」「門傾城(かどけいせい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android