コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勝五郎(初代) きねや かつごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋勝五郎(初代) きねや-かつごろう

?-1839 江戸時代後期の長唄三味線方。
初代杵屋和吉(わきち)の門弟。杵勝(きねかつ)派の祖。文化9年立三味線にすすみ,天保(てんぽう)のころにかけて活躍。のち勝左衛門と改名。以後勝五郎の名は6代をかぞえる。天保10年6月24日死去。作品に「小鍛冶(こかじ)」「門傾城(かどけいせい)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋勝五郎(初代)の関連キーワードタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ジョイナーデグロンバスチャンヒルゲンドルフルーミス

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android