コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンジマート タンジマートTanzimât

4件 の用語解説(タンジマートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンジマート
タンジマート
Tanzimât

1839年の「ギュルハネ勅令」発布以後 76年の「第1次立憲制」実施までのオスマン帝国における一連の「近代化」「西欧化」改革政策をいう。語義は「再編成」。 15~16世紀には充実した軍事力,安定した経済・政治機構に支えられて,アジアアフリカヨーロッパ三大陸に広がる大帝国を築いた同帝国も,18世紀以後は東西通商路の転換に伴う経済力の衰退,中央集権的政治機構の弛緩,軍事力の衰微が著しく,特に 1768年と 87年の露土戦争に大敗して,国家は滅亡の危機に直面した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タンジマート

1839年―1876年のオスマン帝国における西欧化改革運動。〈恩恵改革〉とも。19世紀に入ると帝国は,地方の民族運動や西欧列強の干渉によって解体の危機を迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンジマート【Tanzimat】

オスマン帝国史上,1839‐76年における一連の西欧化改革運動およびその諸成果をいう。恩恵的改革を意味するタンジマーティ・ハイリエの略。18世紀末以後,オスマン帝国は,地方勢力の伸張,被支配諸民族の独立運動,ヨーロッパ諸国の軍事的・政治的侵略などの結果,帝国解体の危機に直面していた。1839年11月,スルタンのアブデュルメジト1世Abdülmecit I(在位1839‐61)は,外相ムスタファ・レシト・パシャに起草させた〈ギュルハネ勅令〉を発布して,帝国の危機を救い,スレイマン1世(在位1520‐66)時代の繁栄を取り戻すべく,広範な改革政治を実施することを宣言した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

タンジマートの関連キーワードタンジマート新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧幻想文学アヘン戦争岡研介神田祭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone