オブレノビチ家(読み)おぶれのびちけ(英語表記)Obrenovići

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブレノビチ家
おぶれのびちけ
Obrenovii

近代セルビアの王家。オスマン帝国に対する第二次セルビア蜂起(ほうき)の指導者ミロシュ・オブレノビチが1815~1817年に創設。1815~1842年および1858~1903年の両期間セルビアを統治した。この時代、近代セルビアは対外的に大きく進展するが、国内的には20世紀初めまで、2王家の抗争に終始した。他の王家とは、第一次セルビア蜂起(1804~1813)の指導者カラジョルジェによって創設されたカラジョルジェビチ王家である。ミロシュのセルビア公在位は1815~1839年および1858~1860年。ついでミロシュの2子、ミランMilan O.()(在位1839)およびミハイロMihailo O.()(在位1839~1842、1860~1868)、さらにミハイロの後を継いだ従兄弟(いとこ)のミランMilan O.()(在位1868~1889。1882年より王号を称す)、ついでアレクサンダルAleksandar O.()(在位1889~1903)とかわり、アレクサンダルの暗殺(1903)により同家は絶えた。[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android