オブレノビチ家(読み)おぶれのびちけ(英語表記)Obrenovići

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近代セルビアの王家。オスマン帝国に対する第二次セルビア蜂起(ほうき)の指導者ミロシュ・オブレノビチが1815~1817年に創設。1815~1842年および1858~1903年の両期間セルビアを統治した。この時代、近代セルビアは対外的に大きく進展するが、国内的には20世紀初めまで、2王家の抗争に終始した。他の王家とは、第一次セルビア蜂起(1804~1813)の指導者カラジョルジェによって創設されたカラジョルジェビチ王家である。ミロシュのセルビア公在位は1815~1839年および1858~1860年。ついでミロシュの2子、ミランMilan O.(Ⅱ)(在位1839)およびミハイロMihailo O.(Ⅲ)(在位1839~1842、1860~1868)、さらにミハイロの後を継いだ従兄弟(いとこ)のミランMilan O.(Ⅳ)(在位1868~1889。1882年より王号を称す)、ついでアレクサンダルAleksandar O.(Ⅴ)(在位1889~1903)とかわり、アレクサンダルの暗殺(1903)により同家は絶えた。

[柴 宜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android