コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松ケ崎浮菜かぶ

1件 の用語解説(松ケ崎浮菜かぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

松ケ崎浮菜かぶ

京都府京都市北区で生産されるカブ。京都市左京区松ケ崎で古くから栽培されてきた地域固有種。葉数が多く、切れ込みがあり、水菜の変異種と考えられるが来歴は不詳。奈良時代に僧が持ち込んだ、近江かぶが栽培されるうち変化したなどの説もある。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松ケ崎浮菜かぶの関連キーワード京都府京都市北区小野岩戸京都府京都市北区小野笠谷京都府京都市北区小野水谷京都府京都市北区小山町京都府京都市北区小山元町京都府京都市北区杉阪北尾京都府京都市北区鷹峯株地京都府京都市北区西賀茂丸川町京都府京都市北区平野上柳町京都府京都市北区真弓善福

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone