水菜(読み)ミズナ

デジタル大辞泉の解説

みず‐な〔みづ‐〕【水菜】

キョウナの別名。 春》
イラクサ科の一・二年草。山中の湿地に生え、高さ30~60センチ。茎は紅色を帯び、葉はゆがんだ長楕円形で縁にぎざぎざがあり、先がとがる。茎は食用。うわばみそう。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

水菜

京都原産の漬け茎葉がよく分枝し、葉柄は細く淡緑色で、葉の先は濃い緑色で尖り、深い切れ込みが入る。江戸時代前期にはすでに栽培されていた。シャキシャキとした歯ごたえで、漬物、煮物料理などのほか、サラダなどの生食にも向く。「京菜」ともいう。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

みずな【水菜】

アブラナ科の一、二年草の野菜。葉は根生し多数の細片に分裂する。冬から初春に収穫し、漬物・からし和えなどにする。キョウナ。 [季] 春。
ウワバミソウの別名。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水菜の関連情報