松右衛門(読み)まつえもん

大辞林 第三版の解説

まつえもん【松右衛門】

江戸の新橋から品川までの一帯を持ち場とした非人頭の通称。 〔吉原の遊女との心中に失敗した丹羽屋八郎兵衛が、車善七に引き渡されて松右衛門と改名し江戸南方の非人頭になったことから〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松右衛門の関連情報