松右衛門(読み)まつえもん

大辞林 第三版の解説

まつえもん【松右衛門】

江戸の新橋から品川までの一帯を持ち場とした非人頭の通称。 〔吉原の遊女との心中に失敗した丹羽屋八郎兵衛が、車善七に引き渡されて松右衛門と改名し江戸南方の非人頭になったことから〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつえもん まつヱモン【松右衛門】

〘名〙
① (享保八年(一七二三)、吉原の遊女音羽との心中に失敗した、神田白壁町の丹羽屋八郎兵衛が車善七に引き渡され、松右衛門と改名して江戸南方の非人頭となったことによる) 江戸の新橋から南品川にかけての一帯を持場とした非人頭の通称。また、その配下の非人たち。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「松右衛門二言といはず酒をうけ」
② 「まつえもんほ(松右衛門帆)」の略。〔今西氏家舶縄墨私記(1813)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松右衛門の関連情報