松右衛門帆(読み)まつえもんぼ

大辞林 第三版の解説

まつえもんぼ【松右衛門帆】

1785年、播州高砂の船頭工楽くらく松右衛門が創製した帆布地の名称。太い木綿糸で織り上げた広幅の丈夫な帆布。それまで使われていた刺帆さしほに対して織帆おりほとも呼ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつえもん‐ほ まつヱモン‥【松右衛門帆】

〘名〙 江戸時代、天明五年(一七八五)播磨国(兵庫県)高砂の工楽(くらく)松右衛門が創製した帆布。太い木綿糸で厚手の丈夫な布地を二尺余りの広幅に織りあげたもの。従来の刺帆(さしほ)に対して織帆(おりほ)とも呼び、格段に丈夫なため以後帆布の代表的なものとなった。松右衛門。〔随筆・雲錦随筆(1862)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の松右衛門帆の言及

【高砂[市]】より

…1773年(安永2)の人口は8097人。港町にふさわしく,江戸初期にはこの町から朱印船貿易の天竺徳兵衛が出,江戸中期には播州産木綿糸をより合わせて織った松右衛門帆の発明者工楽(くらく)松右衛門が出ている。彼は択捉(えとろふ)島築港の功により幕府から〈工楽〉の苗字を与えられたものである。…

※「松右衛門帆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android