コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松向軒 しょうこうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松向軒
しょうこうけん

京都紫野大徳寺の塔頭 (たっちゅう) 高桐院の内にある茶室天正 15 (1587) 年 10月の北野大茶会に際して,細川忠興 (三斎) が,経堂の前の影向 (ようごう) の松の西に茶室を造って松向軒と名づけた。ただし,現在のものは,寛永初年忠興の建立と伝えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松向軒の関連情報